コピーの説得力を数値化するツール

From:Dr.kappa
水曜日、午後11時40分
日本、本州

やっと見つけました。

探していたツールが。

このメルマガを以前から読んで下さっていたら話したことがありますが、良い文章は2つの要素で構成されます。

それは

・強いアイデア(Big idea)
・読みやすさ

の2つです。

前者を探すには膨大なリサーチや経験が必要です。

ただ、後者に関しては実は研究にも使われている指標を使うことで数値化し、可視化することが可能。

指標はいくつかあるのですが、有名なものはFKスコアと呼ばれます。

FKはFlesch–Kincaidの略です。

この指標は

・単語の数
・単語に含まれる音節の数
・文の数

などから算出されます。

名前から分かるように、英語用に考えられた指標。

(元々は軍隊の書類を読みやすくするという目的のために考えられました。)

この指標は数字が小さいほど読みやすく、数字が大きいと読みにくい文章を表します。

Wordをお使いであれば、ボタン1つでFKスコアを計算してくれる機能があるようです。

また、その場合おそらく日本語でもFKスコアを計算できるのでしょう(私は使ったことが無いので確証はありません)。

ただ、私はMacを使っているので、Wordは使えません。

その為、日本語でFKスコアを計算できるツールがあれば、とずっと思っていました。

思い出した時に探してもいましたが、なかなか見つかりませんでした。

ところが、遂に発見しました。

jReadability

FKスコアでは無いのですが、FKスコアが測っている読みやすさ(リーダビリティ)を数値化してくれるツールです。

ただし、このツールで算出する指標は、数字が大きい方が読みやすい文章を表します。

(ちなみに英語の場合は
https://www.webfx.com/tools/read-able/
などがあります。)

これらの指標を使って読みやすい文章にすることで、認知的流暢性(易しいものは正しいと感じる傾向)が高まり、説得力が上がります。

参考になりましたら幸いです。


P.S. このメールのリーダビリティ・スコアは4.54、初級後半で「やさしい」文章とのことでした。

短い文章などを意識したので、読みやすかったのでは無いでしょうか。

読みやすさを上げる他の方法(で私が現在取り組んでいるGDNでも統計として結果が出ている方法)はまたお話しします。


最後までお読み頂き、どうもありがとうございました。

ご質問やご意見を歓迎します。

このメールは良かったですか?

他にどんなことを知りたいですか?

私のemailまでご連絡下さい。

また、お友達やご家族へのこのメールの転送は
お気軽にどうぞ。

私が提供しているサービス一覧は
次のページをご覧下さい:
https://ownstyle.info/archives/97

—————————————————-
博士(理学) Dr.kappa
email:drkappa100@gmail.com
—————————————————-
※本メールに掲載された記事・情報を
許可なく転載(転送を除く)することを禁じます。

なぜ億を売るコピーライターでも7.54%の成約率に終始する中、私は密かに【最高CVR 52.4%】を叩き出せたのか?

秘密は心理テクニックにはありません。
トリガーを意識したのでもありません。
ましてや「表面的な言い回し」を心頼みにした訳でもありません。
これらは寧ろ彼らの方が利用しています。

2人に1人以上が買う購入率の秘訣は、理論物理学者として独自に構築した【科学的理論】にあります。
この理論は心理学や脳科学などの「流行り」の学問ではなく、それらの土台となっている【知の源流】の上に組み立てています。

それ故、

「興味」を引かれるとはどういう状態か?
「理解」とは何か?
「価値」はどのように決まるのか?

といったレベルから言葉を紡ぐことができています。

サンプル数まで考慮した統計的理論の実績は最高CVR 52.4%に留まらず、PPCアフィリエイトでは【ROAS 686.3%】、メルマガアフィリでは(全読者を分母として)【成約率15.4%】などなど。

10万で弟子たちに伝授している独自のセールスライティング理論は無料メルマガThe Marketersで解説中。
今なら成約率15.4%の記事含む、2本の【無料レポート】のプレゼント付き。

ビジネス
とある物理屋のブログ

コメント