こんな言葉を発していませんか?

From:Dr.kappa
土曜日、午後2時32分
ショッピングモール、スタバより

いきなりですが、次のような場面を想像してみてください。

あなたの目の前には生まれつき目が見えない方がいるとします。

その方に対して「赤色を説明してください」と言われたら何と答えますか?

間違っても「赤は赤です」と言いはしないでしょう。

恐らく

・暖かい色
・元気の出る色

などと答えたり、あるいは物理学の知識を使って

・波長が625nm~780nmの光

などと伝えるかもしれません。

いずれにせよ、「赤色」を説明するために、「赤色」以外のことを話す筈です。

なぜ、私たちはこんな回りくどいことをするのでしょうか?

根本的には全ての価値や意味は、周りとの関係で立ち上がるからです。

(これは私の理論の公理の1つ。)

別の理由としては、いま考えて頂いたような状況では、相手の方はまだ知らない世界、経験したことの無いものを伝えようとしているからです。

つまり、相手が経験したことの無い物事を伝えるには、原理的にそれ以外を語るしか方法は無いということ。

(さもなくば、目が見えない方に「赤は赤だ」と言うような、何も伝わらない言葉になってしまいます。)

ですが、どうでしょう。

巷のコピー(特にセールスレター)には、相手が経験したことの無い物事にも関わらず、そのものを主張している言葉が多いのでは無いでしょうか?

例えば、5月18日のメールで引用したDM。

差出人について私は何も知りません。

このような状況で「有益な情報」と言われて、私に何が伝わるのでしょうか?

正直、彼の言葉から受け取るものはありませんでした。

上で何も伝わらない言葉としてご紹介した「赤は赤だ」という言葉と変わらないからです。

ただ、この「ミス」を犯してしまうのは仕方が無い部分もあります。

というのも、こんなことを教えてくれるコピーライティングの本は(少なくとも私が知る限り)無いからです。

もちろん、私が不勉強なだけかもしれませんが。

ですが、私はまだ出会ったことが無いので、私自身、言葉の研究を通して上の発見をするまではストレートに主張してしまっていました。

そして、巷のセールスレターにも多い。

例を挙げればキリがありません。

まだ経験したことの無い方々に対して

・美味しい
・稼げる
・痩せる

などと主張しても、何も伝わらないのです。

ではどうするか?

周辺を語ること。

ちょうど、目の見えない方に「赤」以外の要素を使って赤を説明しようとするように。

具体的には?

その方法については来月のメインメールでお話しする予定です。


P.S. 今回お話しした周辺を語ること。

これを徹底している例を次のセールスレターで見ることができます:
https://swiped.co/file/kurobuta-ham-letter-by-gary-bencivenga/

URLから分かると思いますが、このレターを書いたのはGary Bencivenga。

世界一のセールスコピーライターとして先日ご紹介した者です。

このレターでは「黒豚ハムが如何に美味しいか」を伝えようとしていますが、注意深く研究すると、「美味しい」とはほとんど書かれていないことに気付くでしょう。

彼のようなトップレベルのコピーライターも周辺を語ることによって、まだ経験したことの無い見込み客に「美味しさ」を伝えようとしているということです。

最後までお読み頂き、どうもありがとうございました。

ご質問やご意見を歓迎します。

このメールは良かったですか?

他にどんなことを知りたいですか?

私のemailまでご連絡下さい。

また、お友達やご家族へのこのメールの転送は
お気軽にどうぞ。

私が提供しているサービス一覧は次のページをご覧下さい:
https://ownstyle.info/archives/97

—————————————————-
博士(理学) Dr.kappa
email:drkappa100@gmail.com
—————————————————-
※本メールに掲載された記事・情報を
許可なく転載(転送を除く)することを禁じます。

なぜ億を売るコピーライターでも7.54%の成約率に終始する中、私は密かに【最高CVR 52.4%】を叩き出せたのか?

秘密は心理テクニックにはありません。
トリガーを意識したのでもありません。
ましてや「表面的な言い回し」を心頼みにした訳でもありません。
これらは寧ろ彼らの方が利用しています。

2人に1人以上が買う購入率の秘訣は、理論物理学者として独自に構築した【科学的理論】にあります。
この理論は心理学や脳科学などの「流行り」の学問ではなく、それらの土台となっている【知の源流】の上に組み立てています。

それ故、

「興味」を引かれるとはどういう状態か?
「理解」とは何か?
「価値」はどのように決まるのか?

といったレベルから言葉を紡ぐことができています。

サンプル数まで考慮した統計的理論の実績は最高CVR 52.4%に留まらず、PPCアフィリエイトでは【ROAS 686.3%】、メルマガアフィリでは(全読者を分母として)【成約率15.4%】などなど。

10万で弟子たちに伝授している独自のセールスライティング理論は無料メルマガThe Marketersで解説中。
今なら成約率15.4%の記事含む、2本の【無料レポート】のプレゼント付き。

ビジネス
とある物理屋のブログ

コメント